experience learning model (経験学習モデル)

人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼び、組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイクルから成る「経験学習モデル」理論として提唱した。

知識を受動的に覚えるのではなく、自らの経験から独自の知見(マイセオリー)を紡ぎ出す、というモデル。具体的には4つのステージで学習が構成される。

【具体的経験】その人自身の状況下で、具体的な経験をする。

【省察】自分自身の経験を多様な観点から振り返る。

【概念化】他の状況でも応用できるよう、一般化、概念化する。

【試行】新しい状況下で実際に試してみる。

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:00〜17:00 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229