カークパトリックの4段階評価

アメリカの経営学者のカークパトリック博士が1959年に提案した研修の効果測定のモデル。研修の効果を把握するにはレベルが4段階あり、高いレベルの効果測定ほど対象となる研修の数は絞られてくるというもの。

レベル1:Reaction(反応):受講直後のアンケート調査などで研修に対する満足度の評価

レベル2:Learning(学習):筆記試験やレポート等による研修内容理解度の評価

レベル3:Behavior(行動):学習者自身へのインタビューや他者評価による行動変容の評価

レベル4:Results(業績):研修受講による学習者や職場の業績向上度合いの評価

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:00〜17:00 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229