ストレスチェック

D-WATは、ストレスチェックを発症予防対策にとどめず、活き活きと働く人材開発につなげ、メンタルヘルス対策を「コスト」ではなく、職場パフォーマンスを高める「投資」に変えます。

ストレスチェックとは

1ストレスチェックとは

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。労働安全衛生法の改正により、労働者が50人以上いる事業場では、2015年12月から年1回、この検査を常時使用する労働者に対して実施することが義務づけられました。ストレスチェックに用いる調査票には、以下の3つの領域に関する項目があります。

(1)職場における当該労働者の心理的な負担の原因に関する項目
(2)当該労働者の心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目
(3)職場における他の労働者による当該労働者への支援に関する項目


2ストレスチェック制度の義務化

ストレスチェック制度の義務化により、労働者50人以上の事業場を有する企業には、7つの義務が課されます。「事業者は労働者に対して医師等によるストレスチェックを行う」、など3つの義務からなる「ストレスチェックの実施」と、「事業者は面接指導を実施した医師から就業上の措置に関する意見を聴取する」、など4つの義務からなる「ストレスチェックの結果に基づく医師の面接指導」です。また、ストレスチェック結果の集団ごとの集計・分析については、2つの努力義務があります。


3ストレスチェックにおける集団分析の重要性

ストレスチェック制度の目的には、「メンタルヘルス不調を未然に防ぐ(一次予防)」、「労働者自身のストレスへの気づきを促す」、「ストレスの原因となる職場改善につなげる」の3つがあります。メンタルヘルス不調の未然防止には、職場環境の改善、労働者自身のストレスマネジメント(セルフケア)能力の向上、この両方が必要であり、事業者ができる組織分析を活用した職場改善は努力義務ではあるものの、企業にとっては重要な課題です。

D-WATの特長

1従業員のストレス状況を総合的に診断

ストレス反応は、「ストレス要因(環境)」に加え、「(ストレスに対する)本人の感じ方・捉え方」に大きく左右されます。D-WATは、厚生労働省推奨標準57項目に加えて、職場分析の詳細を把握する23項目、「個人のストレスに対する捉え方・感じ方」90項目を測定し、個人、職場のメンタルヘルスの改善につなげていきます。

①本人の気づきを促す個人結果プロフィール
「ストレスに対する受け止め方」を知ることで、自己を客観視し、今後のストレス対処への開発意欲が高まります。高ストレス者への面接指導を担当する医師は、本人の状況を深く理解でき、適切なフォローに役立てることができます。

②心の健康診断を実現する「経年変化把握サービス」
5年間の結果を保存・閲覧できるので、自身のストレス状態の変化を把握し、自己認識を高めることができます。医師による適切なフォローにも活用できます。

③自己開発につながるフィードバック・個人結果に応じたセルフケアコンテンツを提供
受検者のストレス状態に応じて、「高ストレス・中ストレス・低ストレス」状態の3段階に分類して、結果通知時にフィードバックします。ストレスに対する正しい知識を学び、心身の不調に適切に対処、ストレス耐性を強化できるセルフケアコンテンツを提供します。

2職場環境改善につながる独自の集団分析を提供

組織開発研究の第一人者、南山大学人文学部心理人間学科教授中村和彦氏の監修により、職場改善に役立つ詳細な集団分析結果が得られます。職場における「ストレス状態を引き起こす要因」が追求でき、取り組むべき課題が明確になります。また、分析結果に基づき、「活き活きと働ける職場づくり」をどのように進めればよいか、具体的な手法を提示します。

3運用・管理上の手間をシステムで効率化

本人への受検案内、未受検時の督促、ストレスチェック実施、結果通知、事業者への結果通知同意、高ストレス者抽出、結果保存などの煩雑な事務作業をD-WATのシステムで一元管理できます。

  • 実施者(実施事務従事者)用、事業者用、受検者用とそれぞれの機能に応じてシステムを設定
  • 受検環境に応じてWeb方式と紙方式を用意(受検方法は異なっても、個人診断・集団的分析ともに質問文、診断結果は同じです)
  • Web方式の受検は、スマートフォン、タブレットに対応

個人結果とプロフィール[D-WAT スタンダード]

個人結果とプロフィール[D-WAT スタンダード]

NO.1 あなたのストレスプロフィール

1 職場でのストレス増大要因

2 職場でのストレス軽減要因

3 -①現在のストレス状態・症状

3 -②職場の状況


個人結果とプロフィール[D-WAT スタンダード]

NO.2 あなたのストレス対処プロフィール

1 ストレス耐性

2 ストレス対処

3 挑戦志向度と柔軟志向度

セルフケアコンテンツメニュー

受検者のストレス状態に応じて、「高ストレス・中ストレス・低ストレス」状態の3段階に分類して、結果通知時にフィードバックします。Web方式は結果確認後即時にPDFデータで表示されます。紙方式は結果とともにテキストを返却します(内容はWeb・紙共通)。

※高ストレス者は厚生労働省の評価基準のほか、自社独自の評価基準を設定できます。
※中ストレス者、低ストレス者の評価基準はD-WAT監修者吉野聡氏による設定です。


セルフケアコンテンツメニュー

低ストレス状態の方に

現在の健康な精神状態を保ち、更にストレス耐性を高めるためのコンテンツ提供

セルフケアコンテンツメニュー

中ストレス状態の方に

ストレス要因に対応したストレス解消法やリラクゼーション法を提供

セルフケアコンテンツメニュー

高ストレス状態の方に

現状のストレスを軽減させるためのコンテンツ、医療機関の選び方等を提供


監修者

吉野 聡
(よしの・さとし)

筑波大学大学院人間総合科学研究科修了。筑波大学環境保健グループ入局、東京都知事部局精神科健康管理医、浦和神経サナトリウム精神科医師、筑波大学医学医療系助教を経て、吉野聡産業医事務所代表。2015年新宿ゲートウェイクリニックを開設。精神科産業医として企業のメンタルヘルス問題に取り組む。

ストレスチェック制度のポイントが理解できる「早わかりストレスチェック制度」
ストレスチェック制度のポイントが理解できる
「早わかりストレスチェック制度」
[著者]吉野聡氏 ダイヤモンド社刊
1,000円(税別) 128P 2015年8月発売

集団ごとの集計・分析[D-WAT スタンダード]

集計ごとの集計・分析[D-WAT スタンダード]

D-WATの集団分析

D-WATの集団分析は、ストレスチェック義務化法の目的に即し、主にメンタルヘルス不調に陥らないことを目的とする1次予防のための分析です。この集団分析では、以下の5つの報告書、4つの観点から分析をしています。

報告書No.1:項目プロフィール
報告書No.2:組織の現状
報告書No.3:組織の発症リスクと活発さ
報告書No.4:ストレスの増減の原因
報告書No.5:組織、職場風土の状態

「組織の現状」から「ストレスの増減の原因」までは、1次予防を主として、組織のストレスに対するリスクを俯瞰しながら原因追求を行っていきます。「組織、職場風土の状態」は、南山大学中村教授監修の元、組織開発の観点から、所属する人たちがより活き活きと働けるような職場、組織をつくるための指標を提供しています。 メンタルヘルス上の疾病リスクの組織的予防、そして、より活き活きと働ける職場づくりを目指すことを目的として作成されています。 項目プロフィールは、分析の指標をまとめたものです。

監修者

中村 和彦

(なかむら・かずひこ)

南山大学人文学部心理人間学科教授。南山大学人間関係研究センター長。組織開発、人間関係トレーニング(ラボラトリー方式の体験学習)、グループ・ダイナミックスが専門。米国NTL Institute組織開発サーティフィケート・プログラム修了。組織開発のトレーニングやコンサルティングを通して様々な現場の支援に携わるとともに、実践と研究のリンクを目指したアクションリサーチに取り組む。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

D-WAT スタンダード版とライト版の違い

ご利用の流れ

商品ラインアップ

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:00〜17:00 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229