セミナー概要

【特徴】
個人・組織の課題を解決し、未来を見据えた目的意識や当事者意識を醸成する体験型演習
●講義・演習と並行して、俳優とのロールプレイによるリアルな疑似体験が可能
●ケースメソッドを通して、自ら気づき、納得し習得するプロセスにより職場での実践を支援

【ケースメソッドと演劇的アプローチについて】
ケースメソッドとは、意思決定の疑似体験を通して、経営能力を向上させる訓練手法です。教材には、実際に経営者や管理者が直面した問題と状況が記されています。その問題への解決策を個人で考え、他者との討議を通じて、自分の解決策の長所・短所を理解していきます。
ケースメソッドでは、学習者自身が、教材に登場する人物たちの状況に身を置くことで、学習効果が高まります。第三者の視点ではなく、当事者が感じている悩みを肌で感じながら考える必要があります。そのため、このプログラムでは、PTM(パースペクティブ・テイキング・メソッド)を組み合わせています。PTMとは、俳優が役を理解し演じる手法をもとに開発された、他者視点取得のための強力なツールです。
ケースメソッドを、超えたケースメソッドを楽しんでください。

プログラム監修:青山ビジネススクール 黒岩健一郎

セミナー詳細

日時
    2019年2月18日(月)10:00~18:00 ※受付開始9:45
会場
対象
    企業の人事・人材開発・教育・研修のご担当者様に限らせていただきます
参加費
    20,000円(税別)/1名
定員
    25名(定員になり次第締め切らせていただきます)
注意事項

講  師

ダイヤモンド社公認インストラクター 広瀬 彩

ダイヤモンド社公認インストラクター 須田 真魚

プログラム内容

9:45 受付(お名刺を頂戴します)
10:00-18:00 ケース討議
ケースについて討議を行い、最初の意思決定を共有する。
【演習】設問に対するワークシートに記入

利害関係者についての考察
ケースをより深く理解し、管理職としての「思考」と「判断」を行えるよう、利害関係者を分析する

理解を更に深める
【演習】オリジナルメソッドPTMを用い、利害関係者の視点に立つ

ケースの内容の把握
ケースの状況をより具体的且つ詳細に把握するための講義
【演習】管理職意識向上のためのロールプレイ

ケース討議
ケースについての討議を行い、最終意思決定を行う
【演習】意思決定が機能するか否かをロールプレイにて確認
※お昼休憩有
18:00 終了予定

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:00〜17:00 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229