11月26日(木)、11月27日(金)の2日間に渡って、第5期「研修開発ラボ」が行われました。研修開発ラボは、『研修開発入門』(東京大学 大学総合教育研究センター準教授 中原淳著・ダイヤモンド社刊)に基づき、各企業の人事担当者、教育担当者様が自社の経営上の課題を踏まえて研修、開発、実施、評価できるようになるための学びの場。著者である中原淳氏監修の2日間の特別講座です。

 

PIC00950

 

メインファシリテータは研修講師としての経験豊富で中原先生の弟子でもあるラーンウェル代表 関根雅泰氏。サブファシリテータは鈴木英智佳氏。ご参加いただいたのは、メーカー、金融、通信、ITなど、様々な組織で人事育成・研修開発を担当なさっている方々です。参加動機も「研修のプログラム作成の体系だったノウハウを学びたい」「研修体系の見直しのため、研修の企画運営について基礎から学びたい」「研修の内製化をどう進めるかを知りたい」など様々。会場は渋谷の石山記念ホールのセミナールーム。2日間かけて、研修をいかに「経営に資する研修」にするかを突き詰めて考え学んでいきます。

 

研修開発ラボ1日目は「研修企画」と「研修設計」の基本について学びます。午前は「研修とはなにか」「研修で解決できる問題はなにか」といった研修の大前提について考えていきます。今回は参加者の自社課題に合わせて、新入社員、中堅社員育成、経営課題、専門職育成の4グループに分かれてディスカッション。そして、研修を企画するにあたって、どのように「研修ニーズ分析」や「対象者分析」を行うのか、各自、事前課題として行った自社ケースを他の参加者とシェアし、語りあいつつ、理解を深めていきます。午後は「研修設計」の基本として、研修ゴールの設定方法や研修の効果測定などを学びます。研修で学んだことを現場に持ち帰り実践する「研修転移」を課題と感じている参加者が多かったことから、研修転移のための様々な方法をシェアする試みも行われました。

 

PIC00953

 

1日目の最後は参加者と講師とがお酒を片手に語り合うネットワークパーティ。珍しいワインや日本酒、特色あるクラフトビールで乾杯!の後は、学ぶお笑い芸人!?の「モクレン」が登場して、「学びほぐし」をテーマとしたネタを披露。最後はほろ酔いの講師がインプロをしたり、歌ったり!?とおおいに盛り上がりました。

 

2日目も「研修設計」ですが、より具体的な研修設計方法を学びます。午前最初のセッションでは、ソフトバンクの人事本部人材開発部の島村公俊さんをお迎えして、ソフトバンクにおける研修の内製化のお話を伺いました。参加者からは研修講師の選び方など、様々な多くの質問が寄せられました。その後、午前中いっぱい、参加者は前日からの宿題を持ち寄り、研修設計「7つの原理」のポイントを押さえつつ、どのように研修を組み立てていくのかを考えます。午後は午前中に学んだ研修設計の基本を押さえつつ、実際に1日研修のタイムスケジュールを立ててみるという、「ラボ」ならではの実験セッションが行われました。様々な企業から集まった人材育成担当者がフィードバックしあうことで、様々な気づきが生まれたようです。クロージングでは中原先生が登場し、「どのようにして職場を巻き込むか」「研修の目標設定をどうするか」など、参加者からの疑問に答える形で研修開発の要諦を解説。書籍にはない最新事例を交えた内容で、参加者は熱心にメモを取っていました。

 

PIC01085

 

最後は事務局からのサプライズプレゼント!?として2日間のセミナーの様子を映像で振り返る「リフレクションムービー」の上映が行われました。

 

2日間の研修開発ラボを終えて、参加者の方々からは、「研修の企画・運営について体系だって基礎を学ぶことができてとてもよかった」「研修の設計を自己流で行っていたが、原理・原則に基づいた設計ができるようになってきた」「研修開発・その効果の理論を学べたので、役員や上司を説得する際の武器にします」といった声が聞かれ、自社の研修開発に生かすための具体的なヒントが得られたようです。

 

「研修開発ラボ」は、研修を単なる研修からいかに「経営に資する研修にするか」を突き詰めて考え学ぶ特別な2日間のセミナーです。次回は2015年2月4日(木)~5日(金)に同様のプログラムで行われます。自社の研修を見直したい、研修設計の基本を学びたい、という研修開発担当者の方、ぜひご参加ください。