OJTの実践知(組織学会発表要旨)公表用OJT診断システムDLLの開発者、神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾睦先生が、中央大学で開催されていた組織学会で学会発表されました。

論文を執筆されるにあたり使用されたデータはDLLを開発したときに収集したデータです。22社1500名弱のOJT担当者とその方の上司にご協力いただき、効果的なOJT手法を研究しました。同時に、パワハラ傾向のあるOJT担当者の指導傾向についても調査しました。

そして完成したのがOJT診断システムDLLです。更に調査結果から得られた知見をまとめた書籍も発売予定です。また、DLLを活用したOJT指導者研修も多くの企業で開催させていただいています。詳細資料が必要な場合はお問い合わせください。

松尾先生の論文要旨を公開します。

つづきはこちらのPDFをご参照ください>>

 

PDFファイルをご覧頂くためには、無料配布の「Adobe Reader」が必要です。
アドビシステムズ社のホームページよりダウンロードの上ご利用ください。