ビジネス・ライティング研修とは

ビジネスでは、情報を伝えることを目的とした文章が日々作成されていますが、その目的を果たせない「わかりにくい文章」も存在します。
「わかりにくい文章」は、仕事においてさまざまな支障を生じさせます。また、最近ではビジネスのオンライン化が進み、メールやコミュニケーションツールなど文章を通じて相手とコミュニケーションを取ることがますます増えています。業務でしっかり成果を出すためには、わかりやすい文章を書けるライティングスキルを若手のうちに身につけておくことが必要です。
本研修では、ライティング教育の第一人者・冨永敦子教授(公立はこだて未来大学システム情報科学部メタ学習センター)のメソッドを通じて、読み手にわかりやすく情報を伝えられる文章力の習得を目指します。

プログラムの特長

1テキスト『ビジネス・ライティングの基本』を使用

文章力の基本から、ビジネスメール、議事録、報告書・資料の書き方まで、ライティング教育の第一人者が、ビジネス文章力の基本をやさしく解説します。研修では、事前・事後課題として取り組んでいただきます。

2アウトプット中心の研修プログラム

テキストでインプットした内容は、研修で実際に文章を書いてアウトプットしていきます。さらに自分が書いた文章についてフィードバックをもらい、反対に他者の文章に対してフィードバックを行うことで(相互評価)、わかりやすい文章について多くの気づきが生まれ、効果的にスキルアップいただけます。

3「読み手意識」の徹底

冨永先生のオリジナル動画で「なぜ、ビジネスで読み手意識が必要なのか」をわかりやすく解説し、読み手に伝わりやすい文章を書くために意識する具体的な内容や、どんな順序で書き進めると良いかなど、ステップバイステップでワークを行います。研修内で読み手意識の効果を実感していただき、スムーズな現場実践につなげます。
ビジネス・ライティングの基本

内製化パッケージとは

著者による解説動画、スライドと進行シナリオ、オリジナルのワークシートがセットになった「内製化支援パッケージ」をご用意しております。効率・効果的に研修内製化を実現いただけるようサポートいたします。

著者のご紹介

冨永 敦子Atsuko Tominaga

公立はこだて未来大学システム情報科学部メタ学習センター教授/テクニカルライター/ 博士(人間科学)

コンピューター会社、フリーランスのテクニカルライター、早稲田大学人間科学学術院助教を経て、2014年公立はこだて未来大学に着任。2018年より現職。専門は教育工学、ライティング教育。主な研究テーマは、インストラクショナルデザインをベースにした授業設計・学習支援とその効果検証。共著に『「伝わる日本語」練習帳』『ビジネスマンのための新教養 UXライティング』ほか。

【ご注文に関するご注意】
  • 本商品の販売、サービスのご提供は、法人のお客様を対象としております。
  • 初回ご注文の際には、法人確認をさせて頂く場合がございます。
  • 法人確認およびご利用目的の確認が取れない場合、お届けが遅れることがございます。また、ご利用目的によっては販売をお断りすることがございます。

研修詳細

研修名 ビジネス・ライティング研修
目的 相手に正しく伝わる、わかりやすい文章を書くためのライティングスキルを身につけていただく研修です。
対象 新入社員、若手社員の方
実施 計4時間(休憩含む)
※事前課題・事後課題あり
教材 テキスト『ビジネス・ライティングの基本』(事前配布)
講師 企業の人事ご担当者様、育成ご担当者様  ※進行代行も可能です
カリキュラム例 事前課題
  テキスト『ビジネス・ライティングの基本』基礎編

研修プログラム
  ◇オリエンテーション
  Part1 文章をわかりやすく修正する
  テキスト「8つのチェックポイント」等の実践
(冨永先生動画→文章修正演習等→相互評価)
  Part2 「読み手」を意識した文章を作成・推敲する
(冨永先生動画→「ペルソナ」を用いたメール文作成演習)
  Part3 相手に伝わりやすい文書を作成する
(冨永先生動画→研修報告書の作成演習→グループで対話)
  ◇まとめ

事後課題
  テキスト『ビジネス・ライティングの基本』実践編

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:30〜17:30 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229