研修詳細

トレーナー(OJT担当者)が適切なOJTを実施し、トレーニー(若手社員)が業務経験から多くの学びを獲得し、成長するためには、職場全体の育成環境・育成風土が大きく影響します。本研修は、WPL(「現場の学び」診断システム)を用いて職場の育成風土を「見える化」し、職場環境の改善や職場全体の育成能力の向上を目指します。

研修名 職場環境改善研修
目的 「WPL(「現場の学び」診断システム)」と連動させながら、職場における育成能力(育成成果・育成風土)やOJTの実態を把握し、トレーナー(OJT担当者)やトレーニー(若手社員)への効果的な関わり方の習得を目指します。
対象 マネジャー(部門長クラス) ※1クラス25名程度、4~5名のグループによる島形式での運営
実施 全2講(7時間/1講、9:00~17:00、休憩含む) ※第1講前に受講者の職場全体で「WPL(「現場の学び」診断システム)」を受検。同時に、受講者は事前レポートを提出 ※受講者は第2講前に「DPI(職場適応性テスト)」を受検すると同時に、事前レポートを提出
教材 オリジナルテキスト(当日配布、見開きA3判中綴じ形式)
講師 ダイヤモンド社公認インストラクター
カリキュラム例

第1講 職場環境を改善するための条件を整える

  1. 職場育成力の重要性を理解する
  2. WPLの診断結果を分析する(WPL診断結果のフィードバック)
  3. 事例で学ぶ職場環境改善策

第2講 職場育成力を阻害する要因を取り除く

  1. 自らの態度能力を把握する(DPI診断結果のフィードバック)
  2. 事例で学ぶ職場育成力

お問い合わせ

会員登録・注文・納品・診断処理

ダイヤモンド・テスト・データセンター

TEL 0120-700-653

(月〜金 9:00〜17:00 祝日を除く)

商品・サービスの内容

ダイヤモンド社 人材開発編集部

TEL 03-5778-7229

(月〜金 10:00〜18:00 祝日を除く)